社史

福岡営業所、札幌営業所の開設

 1989(平成元)年4月、大阪に続く国内拠点として福岡営業所を開設し、AVCシステム事業部における九州地区の拠点とした。当初は大型映像サービスと、映像機器を中心としたシステム販売を行っていたが、その後、大阪営業所が西日本広域まで販売エリアを拡大したことにより、1992年1月からは音響機器販売業務も開始し、大阪との連携を図るようになっていった。
 さらに1991年10月には札幌営業所を開設。同営業所は現地でAV機器の販売を行っていた株式会社アイリスの事業を継承する形をとり、当初は音響機器販売をメインに業務を開始した。2000年9月からは、大型映像サービスにおいても、メディアランナーの北海道拠点として2台を常駐させて、札幌競馬場や自衛隊のイベントなどで運用実績を上げていった。

  • 前の節へ
  • 次の節へ

一覧ページに戻る

※ここに掲載した情報は、2015年2月発行の「ゴールなき頂を求めて 挑戦こそが我らの誇り ヒビノ株式会社50年史」より転載したものです。この記事の無断引用、無断転載を固く禁じます。

第3章 拡大期 1984〜1993

音と映像のプレゼンテーター誕生

PAGE TOP