社史

株式会社メディア・テクニカルを子会社化

 2006(平成18)年9月、ヒビノは「株式会社メディア・テクニカル」の株式を取得して、完全子会社とした。メディア・テクニカル社は医療分野の学会を中心としたイベント・コンベンションにおける映像及び音響機器のレンタルやオペレート、著名イベント・コンベンション施設における運用管理業務を手掛けており、業界における信頼も厚く、知名度も高かった。ヒビノは同社の子会社化によりコンベンション市場における売上拡大を図っていった。
 2009年3月に人材派遣事業を、2010年7月にはイベントプロデュース事業と医療分野における業務用映像機器の販売代理店業務の一部を同社に譲渡・移管し、商号を「ヒビノメディアテクニカル株式会社」に変更している。

  • 前の節へ
  • 次の節へ

一覧ページに戻る

※ここに掲載した情報は、2015年2月発行の「ゴールなき頂を求めて 挑戦こそが我らの誇り ヒビノ株式会社50年史」より転載したものです。この記事の無断引用、無断転載を固く禁じます。

PAGE TOP