HIBINO用語集

業界用語などの検索が可能です。メニューから、様々な方法で、用語をご検索ください。

用語解説

PA

Public Addressの略。元々、大衆伝達・演説を意味する言葉であることから、拡声装置を用いて、限られた範囲の空間に広く声(音)を伝える行為をPAと呼ぶようになった。コンサート音響だけでなく、国会演説や館内放送などもPAにあたる。
コンサート音響や舞台音響は、音を拡声するだけでなく、より良い音質を意識し、音を加工・調整したうえで大衆に聴かせるものであることから、SR(Sound Reinforcementの略。音響補正の意。)と表すようになった。

▲ページのトップへ

PA卓

劇場などの施設やコンサート音響で使用されるPA用、ライブSR用のミキシングコンソールのこと。

▲ページのトップへ

PCM

Pulse Code Modulationの略。パルス符号変調のこと。アナログ信号をデジタル信号に変換する方式の一つ。PCM方式では、アナログの音声信号を
1.サンプリング
2.量子化
3.符号化
という3段階の過程によって、コンピュータ等での処理や記録が可能なデジタル信号へ変換する。
音楽CD(CD-DA)やDVD、ゲームソフトの記録方式、またデジタル放送の伝送方式などにも、PCM方式が使われている。
また、PCM方式によってデータ化された信号(PCM信号)を、DA変換して音を再生する装置をPCM音源と言う。PCM音源は、サンプリング音源などとも呼ばれ、サンプラーシンセサイザー等に利用されている。

▲ページのトップへ

PCM1630

SONY製の業務用デジタルテープレコーダーの型番名。U-Maticの磁気テープに、2chの音声信号を記録・再生する。
2004年に生産が終了したが、記録媒体の主流が磁気テープだった頃は、CDプレス用のマスターテープとして人気が高く、多くのマスタリングスタジオなどで利用された。
型番から1630(いちろくさんまる)と呼んだり、テープ幅が3/4インチであることからシブサン、またカセットの大きさから連想され弁当箱などとも呼ばれた。

PCM1630

▲ページのトップへ

PICT

静止画のファイル形式の一つ。MacintoshのQuick Drawが標準利用するフォーマットである。

▲ページのトップへ

PMC(ピーエムシー)

イギリスのスピーカーのブランド。放送、映画制作や音楽制作からマスタリングに至るまでさまざまな現場で支持されており、プロフェッショナルスタジオモニタリングの中核を担っている。イギリス国内で、スピーカー1本1本を手作業で製造している。ATL(Advanced Transmission Line)と呼ばれる独自のエンクロージャー構造を全てのスピーカーに採用している。
外部リンク PMC製品ページ(スピーカー)

PMC(ピーエムシー)

▲ページのトップへ

PV

Promotion Video。ビデオクリップのこと。

▲ページのトップへ

PZM

Pressure-Zone Microphoneの略。バウンダリーマイクロホンの一種で、AMCRONの登録商標製品。壁等に貼り付けて使うタイプのマイクロホン。

▲ページのトップへ

※当用語集に掲載されている表現内容は、編者の解釈によるものです。
用語の解釈は、地域や組織等によって異なる場合がございます。
当用語集は、異なる解釈を使用したその他の著書、サイト等の表現内容を否定するものではありません。