[共通メニューを飛ばして、このページの本文へ移動する]

お知らせ・トピックス
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

メディア掲載情報

お知らせ・トピックス

2013年 お知らせ・トピックス

東北と世界をつなぐ音楽の祭典「ルツェルン・フェスティバル・アーク・ノヴァ 松島 2013」に協賛

2013年9月17日

ヒビノ株式会社は、2013年9月27日(金)から10月13日(日)に宮城県松島町で開催されます、東北と世界をつなぐ音楽の祭典「ルツェルン・フェスティバル・アーク・ノヴァ 松島 2013」に協賛いたします。

当社が、業務用音響機器販売における東北地方のサポート拠点「仙台プロモーションオフィス」を構える宮城県をはじめ、東北地方の震災復興への願いを込めまして、同音楽際の主要会場となる可動式コンサートホール「アーク・ノヴァ」で活用いただくための“コンサート音響システム一式”を寄贈いたしますとともに、同システムのオペレートを行う技術者を派遣・提供いたします。 音楽と文化の力で東北を盛り上げる「ルツェルン・フェスティバル・アーク・ノヴァ 松島 2013」のコンサート音響を機材と技巧の両面からサポートします。

当社では、東日本大震災の被災地の一日も早い復興を祈願し、被災地での電力供給活動や安全衛生用品・防災用品等のお届け、復興祈願イベント等への機材協力などさまざまな活動を行ってまいりました。今後も被災地の復興へつながる支援活動や地域社会への貢献活動ならびに事業を通じた社会貢献活動に、積極的かつ継続的に取り組んでまいります。

ルツェルン・フェスティバル・アーク・ノヴァ 松島 2013

ヨーロッパ屈指の音楽祭「ルツェルン・フェスティバル」がサポートする本音楽祭は、2011年3月11日に起こった東日本大震災の記憶が残る宮城県松島町を舞台にくりひろげられます。初のアジアでの開催に際して用意されたのは、バルーンでできた可動式コンサートホール「アーク・ノヴァ」。地震と津波の被害にあいながらも、その美しい景観を保ち人々に癒しをあたえてくれるこの地に、「アーク・ノヴァ」が建設され、国内外のすぐれた音楽や芸術、そして地域の伝統芸能が一堂に会します。可動式コンサートホール「アーク・ノヴァ」は、被災地の津々浦々を訪れながら、地元の人々とかけがえのない交流を生むことでしょう。音楽と文化の力で人々に感動と勇気を与える、一大音楽祭がいまはじまります。

可動式コンサートホール「アーク・ノヴァ」

開催概要

会場 アーク・ノヴァ(宮城県松島町 西行戻しの松公園ほか)
会期 2013年9月27日(金)から10月13日(日)
主催 松島実行委員会(松島町、松島町教育委員会 他)
アーク・ノヴァ実行委員会
アーティスティック
ディレクター
ミヒャエル・ヘフリガー(ルツェルン・フェスティバル芸術監督)、磯崎新(建築家)、アニッシュ・カプーア(彫刻家)、坂本龍一(音楽家)、梶本眞秀(アーク・ノヴァ実行委員長)
公式ウェブサイト http://ark-nova.com/matsushima