In-Camera VFX Studio

Hibino VFX Studio

NEWS【撮影実績】「Hibino × FUJIART In-Camera VFX」

かねてよりTV番組制作でお世話になっている株式会社フジアール様と当社の共同プロジェクトによるインカメラVFX撮影のデモ動画が完成!(約2分20秒)

インカメラVFX撮影は、リアル美術セットとバーチャルセットが融合すればするほどより没入感が生まれ、作品のクオリティがアップします。
ヒビノはインカメラVFX技術と最新LEDディスプレイは所有しているが、リアル美術セットなどの知見がない、、、
フジアールはリアル美術セットについては専門だがインカメラVFXの知見がない、、、
そんな両社がタッグを組んでお互いの強みを発揮したデモ撮影が実現しました。
フジアールの繊細な美術セットとHibino VFX Studioの技術が生み出す、躍動感と没入感溢れる作品をぜひご覧ください。

NEWS2021年6月2日~4日 Hibino VFX Studioにてオープンハウスを開催

2021年6月2日~6月4日にかけてHibino VFX Studioにてオープンハウスを開催いたしました。
お忙しい中、多くのお客様にご来場いただき誠にありがとうございました。
当日はスタジオに美術・照明をセットし、インカメラVFXのデモンストレーションをご覧いただきました。
新型コロナウイルスの影響が心配されましたが会期を終えることが出来ましたことを御礼申し上げます。
当日対応させて頂くことができなかった点、ご質問等がございましたら お問い合わせフォーム(別ウィンドウで開きます) または担当までご連絡ください。

インカメラVFX撮影動画

  • インカメラVFX撮影動画 | Hibino VFX Studio
  • Real-Time In-Camera VFX filmed at Hibino VFX Studio Tokyo
  • Behind the scenes of Hibino VFX Studio

Hibino VFX Studio(2021年7月1日よりサービス提供開始)

Hibino VFX StudioはインカメラVFXに必要な機能を備えたバーチャルプロダクションスタジオです。
背景として使用する撮影エリア正面のLEDディスプレイに、反射のないマットな表面と色再現能力に優れた”Flip Chip LED”を採用したROE Visual社 1.56mmピッチ超高精細LED Ruby1.5Fを設置しています。Rubyは8Kスーパーハイビジョン放送の基準となる色域規格であるRec.2020 85%に近いColor spaceを実現しています。また、環境照明にも同じROE Visual社の5mmピッチ高輝度LEDを天井と両サイドに設置しており、よりリアルな照明効果を可能とします。
インカメラVFXのメインシステムにはEpic GAMES社の3D制作プラットフォーム Unreal Engine、disguise社のメディアサーバー vx4およびrx、stYpe社のカメラトラッキングシステム RedSpyを採用。Hibino VFX Studioは、それらの能力を最大限に発揮させることで、バーチャルプロダクションでありながらもそれを感じさせないリアリティ溢れる映像表現を可能にします。

  • バーチャルプロダクションとは?

    バーチャルプロダクションとは、あたかも目的のロケ現場に出向いて撮影したかのような映像を作り出す新しい撮影技法です。ハリウッドでバーチャルプロダクションの技法を採り入れて撮影された配信限定作品『スターウォーズ』実写ドラマシリーズ『The Mandalorian』の完成度は、世界中の映画関係者から一躍脚光を浴びる事となりました。Unreal Engineで生成された背景をスタジオに配置した高精細LEDディスプレイに投影し、物理的なカメラと同期させ撮影することで、仮想空間の撮影をリアルタイムで行う撮影技法です。

  • インカメラVFXとは?

    従来のグリーンスクリーンでのCG合成と異なり、スタジオ内に設置された高精細LEDディスプレイ、小道具と役者、天井または側面に配置されたLEDによる反射の効果がリアルタイムにカメラ内で溶け込み、高度に計算されたデジタル技術との融合によりカメラ内で最終的な視覚効果が生成される事から「インカメラVFX」と呼ばれています。

  • Unreal Engineとは?

    Unreal EngineはEpic Gamesが提供する3D CG プラットフォームです。元々ゲームのために作られた開発環境ですが、現在は映像業界のみならず建築、設計、広告といったあらゆる分野のクリエイターにそのコンテンツ、技術を公開する最先端のデジタル開発プラットフォームです。

Hibino VFX Studioの特徴

  • LEDディスプレイ・システム

    LEDシステムはROE Visual社のRuby1.5Fの他、『The Mandalorian』にて評価を得たROE Visual社製LEDを、ご予算・撮影環境に応じて選択可能です。また、LEDプロセッサーは同じく『The Mandalorian』で評価されたBrompton社製プロセッサーを採用しています。

  • VFXメインシステム

    トラッキングシステムにstYpe社のRedSpy、メディアサーバーにはdisguise社のvx4とrxを採用しています。このvx4とrxを組み合わせることで、より高度なリアルタイムレンダリングを可能としています。

  • オペレーション

    インカメラVFXシステムのオペレートはライブ、xR配信で各方面から高い評価を頂いているスタッフが担当しております。ROE Visual、disguise、stYpeといった最新鋭の映像システムを知り尽くしたオペレーターがワンランク上のサポートを提供します。

全ての機材はご指定のスタジオに搬入・設置可能

LEDディスプレイ、メディアサーバー、トラッキングシステムは、ご要望があればお客様ご指定のスタジオにレンタルし、長期撮影の対応も可能です。また、フロアLEDを使用したxR Stageに組み替える事も可能となっており、数々のライブ現場であらゆる環境、状況にも臨機応変に対応してきたスタッフが、お客様のご要望、シチュエーションに広範囲に対応いたします。

ダウンロード