4事業の略史

ヒビノビジュアル Div.の歩み

音とともに、もっと「感動」を。大型映像の可能性に挑戦

1984(昭和59)年、ヒビノは来たるべきAVCC(オーディオ、ビジュアル、コンピューター&コミュニケーション)時代を見据えて、映像分野に進出しました。翌1985年のつくば科学万博に始まる「大型映像」「マルチビジョン」を、コンサートや企業イベント、展示会等で運用することで、成長への足掛かりを得ます。さらに車載型アストロビジョンやLEDディスプレイの展開など、積極的な機材投資と運用技術の蓄積によって、モーターショーやオリンピックなど数々のビッグイベントで大型映像サポートを担ってきました。2000年代に入ると、コンサートのエンターテインメント化によるステージ映像の需要が高まり、最新鋭機材と高度な技術を駆使したコンサート映像を次々と手掛けました。ヒビノビジュアル Div.は、お客様のあらゆる演出イメージを具現化するクリエイティブな技術集団として、大型映像の持つ力で誰も体感したことのない感動の空間を創造し続けます。

歴史

1980〜

  • 1984(昭和59)年 5月 映像部を東京都港区白金5丁目10番2号に設置し、本格的に映像サービス事業を開始
  • 1985(昭和60)年 4月 大型映像機器の貸出と設置・オペレートを行う運用業務を開始。日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)におけるARBコンサートで、国内初のコンサート映像演出を実現

    国内初のコンサート映像演出を実現

    国内初のコンサート映像演出を実現

    マルチビジョン時代に先駆けて、大型映像サービス業務に乗り出します。国内初となる本格的なコンサート映像演出を実現したARB日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)ライブでは、映像素材の企画・制作から、リアプロジェクター15面マルチビジョンの設置・オペレートまで、映像演出を一手に担いました。

  • 1987(昭和62)年 4月 大阪営業所にて大型映像サービス業務を開始
  • 1988(昭和63)年 3月 映像部の一部を東京都港区港南3丁目5番14号に移転
    7月 映像編集(ポストプロダクション)業務を開始。ウェストレイクスタジオを新設(2004年、同業務から撤退)
    9月 「第16回データショウ」で11ブースの映像表示を担当
  • 1989(平成1)年 2月 国家行事「大喪の礼」にて映像中継全般を担当
    5月 映像部をAVCシステム事業部に改組。企業のショールーム・展示施設等の常設映像・音響機器のシステム設計・販売・保守業務を開始
    7月 衛星通信システムを利用した大型映像サービスを開始
    8月 マルチプロジェクションシステム「ヒビノキューブ」の開発に成功、運用開始
    10月 車載型大型映像表示装置「アストロビジョン」の貸出・オペレート業務を開始

1990〜

  • 1990(平成2)年 9月 トヨタショールーム「トヨタオートサロン アムラックス東京」の映像・音響設備工事を担当
    11月 国家行事「即位の礼」にて映像中継全般を担当

    「大喪の礼」「即位の礼」の映像中継業務を担当

    昭和天皇崩御に伴う「大喪の礼」、そして今上天皇の「即位の礼」において、監視用カメラや記録用カメラ、来賓用モニターなど、主要映像機器の設置と運用を担当しました。国民的行事の実施に際して、全社を挙げて取り組み、ヒビノの映像サービスに対する信頼は飛躍的に高まります。

  • 1991(平成3)年 4月 アメリカに現地法人(子会社)Hibino Audio-Visual USA Inc.を設立。大型映像サービス業務を開始(同社は1997年、解散)

    アメリカに現地法人「Hibino Audio-Visual USA Inc.」設立

    アメリカに現地法人「Hibino Audio-Visual USA Inc.」設立Hewlett-Packard様 展示会

    大型映像サービスの海外展開を図るため、アメリカ西海岸に現地法人「Hibino Audio-Visual USA Inc.」を設立し、日本の高い映像技術とアメリカの多種多様な映像ニーズを融合したビジネスモデルの実現を目指しました。展示会を中心に、特にITベンチャー企業のイベントを数多く手掛けます。のちに映像機器の販売業務も始め、シカゴ交通局の管制センターへプロジェクター72台の大型納入も果たしました。

      5月 アメリカGE(ゼネラル・エレクトリック)社製の最大600インチ、ハイビジョン対応のビデオプロジェクター「Talaria TLV-Turbo」を導入
  • 1992(平成4)年 2月 AVCシステム事業部を映像事業部に改組
  • 1993(平成5)年 1月 通信衛星を利用して国内100ヵ所で同時中継を行うことができる映像同時中継網「ヒビノネット」を組織化
    8月 韓国に現地法人(合弁会社)HIBINO KOREA株式会社を設立。大型映像サービス業務を開始(2002年、同社全株式を譲渡)
  • 1994(平成6)年 2月 世界初の3Dハイビジョン衛星生中継に参画し、衛星中継全般及び国内18会場の映像表示を担当。8月、2回目の3Dハイビジョン衛星中継では、世界初のデジタル伝送による衛星中継全般及び国内5会場の映像表示を担当
  • 1995(平成7)年 4月 名古屋営業所を開設。大型映像サービス業務を開始
  • 1997(平成9)年 3月 B'z 4大ドームツアー(名古屋、東京、福岡、大阪)の映像表示を担当

    B’z 4大ドームツアーの大型映像サービスを担当

    東京、福岡、大阪、名古屋に巨大なドームが完成し、数万人が一堂に集まるコンサートにおける大型映像装置のニーズが俄然高まります。ヒビノは1997年のB'z 4大ドームツアーでアストロビジョンの運用に成功し、のちのコンサート映像飛躍のきっかけをつかみます。

      10月 メディアランナーネットワークを開始
  • 1998(平成10)年 2月 長野冬季オリンピックにおいて会場15ヵ所の大型映像機器の貸出・オペレートを担当

    長野冬季オリンピックの大型映像サービスを担当

    長野冬季オリンピックの大型映像サービスを担当長野冬季オリンピック(1998年)メイン会場

    1998年開催の長野冬季オリンピックでは、開会式・閉会式をはじめ、各競技会場、表彰式など15の会場で映像表示を担当しました。また、会場外ではメディアランナーによるパブリックビューイングを実施しました。100名を超えるスタッフを総動員させ、30oピッチ放電管方式ディスプレイ「FT-30」や車載型アストロビジョン、プロジェクションキューブなどを運用しました。2000年のシドニー夏季オリンピック、2002年のソルトレイクシティ冬季オリンピックでも引き続き大型映像サービスを行い、実績を重ねていきます。

  • 1999(平成11)年 7月 千葉県千葉市美浜区幕張の特設会場にて日本最大規模の20万人集客のGLAYコンサートで映像表示を担当
    10月 第33回東京モーターショー1999 トヨタブースにて、映像及び音響システム設計・施工・運用を担当

    第33回東京モーターショー トヨタブースで高評価

    大型LEDディスプレイ元年となった第33回東京モーターショー。トヨタブースにおいて、円形状サロンの壁一面を覆い尽くしたLED曲面ディスプレイと迫力あるサウンドは、ヒビノの高い技術力と総合力を内外に示しました。

2000〜

  • 2000(平成12)年 9月 シドニー夏季オリンピックにおいて、会場4ヵ所の大型映像機器の貸出・オペレートを担当
    9月 札幌営業所にて大型映像サービス業務を開始
  • 2002(平成14)年 2月 ソルトレイクシティ冬季オリンピックにおいて、大型映像機器の貸出・オペレートを担当
    4月 映像事業部をヒビノビジュアル Div.に改組・改称
  • 2005(平成17)年 3月 2005年日本国際博覧会(愛・地球博)において会場7ヵ所の大型映像機器の貸出・オペレートを担当
  • 2006(平成18)年 9月 株式会社メディア・テクニカルを完全子会社化
  • 2007(平成19)年 1月 ELEMENT LABS LEDディスプレイ・システム「STEALTH」を導入開始

    「STEALTH」の導入とコンサート映像サービスの拡大

    「STEALTH」の導入とコンサート映像サービスの拡大スキマスイッチ様 アリーナツアー(2007年)

    劇的な軽量化とシースルー構造を実現したLEDスクリーン「STEALTH」は、大型映像の可能性を飛躍的に高める製品でした。ヒビノはいち早く導入を決め、特にコンサート映像サービスの拡大につなげました。

  • 2010(平成22)年 4月 上海に現地法人(子会社)Hibino Asia Pacific (Shanghai) Limitedを設立
  • 2011(平成23)年 11月 Hibino Asia Pacific (Shanghai) Limitedを完全子会社化。2012年4月より大型映像サービス業務を開始
  • 2013(平成25)年 1月 株式会社ベスコを完全孫会社化。同社は2014年4月、ヒビノベスコ株式会社に商号を変更
  • 2014(平成26)年 11月 株式会社メディアニクスを完全孫会社化
  • ヒビノプロオーディオセールスDiv.

    ヒビノプロオーディオセールスDiv.

    業務用音響機器の輸入販売及び
    システム提案

  • ヒビノサウンドDiv.

    ヒビノサウンドDiv.

    コンサート音響(PA)/ライブ
    レコーディングサービス

  • ヒビノビジュアルDiv.

    ヒビノビジュアルDiv.

    コンサート・イベント映像サー
    ビス

  • ヒビノクロマテックDiv.

    ヒビノクロマテックDiv.

    LEDディスプレイ・システムの
    開発・製造・販売

PAGE TOP